今日もママに合掌。

【1歳半で断乳】2カ月たってもおっぱいを忘れない様子に心を揺さぶられる

time 2016/11/21

【1歳半で断乳】2カ月たってもおっぱいを忘れない様子に心を揺さぶられる

完母で育った太郎は1歳半で断乳しました。
が、2カ月たった今もおっぱいを忘れていない様子で、なんだか心を揺さぶられます。

日中や寝かしつけの時は全く問題ないんですが
朝だけは

隙があれば飲んでやろう・・

みたいな気持ちが消えない太郎。

寝ている私に気付かれない様
ものすごく
ソォ~~~~~
っと服をめくってミッションインポッシブルしてきます。
img_8772

ソォ~~~っとされればされるほど
なぜか気付く不思議。

むしろこの朝の儀式が私の目覚ましと化しています。

img_8773

慌てて起き上がり

何やってんのーwwご飯食べよご飯ww
と軽く流すんですが

せつないマナザシを向けてきます。
img_8774
でも負けない・・
断乳を決めたからには・・負けたらアカン・・
アカンはずやっ・・!!!!!!

すると大体泣いて部屋から飛び出していく。
img_8775

我が家は同居なので、先に起きている義母の所へ駈け出して行きます。
かなぴい。

sponsored link

断乳は3日が勝負!って話を信じてたけど太郎は違ったらしい

断乳って大変だけど、3日もすれば泣いてもおっぱいくれないって子どもは理解する!
だから3日は心を鬼にして頑張れ!

みたいな話を信じてたんですけどね?

私はいつまで心を鬼にしておけばいいのでしょうか?
このままじゃあ私の心は鬼に乗っ取られてしまうのではないでしょうか?

断乳を決意するまでの道のり

そもそもなんで断乳なんてしようと思ったんだっけ・・
と心を揺さぶられ過ぎて訳がわからなくなる時があるので整理してみます。

断乳というか卒乳の兆しがあった

1歳を過ぎて離乳食が完了し、
太郎は大食らいなので、自然と授乳回数が減りました。

欲しがればあげるけど、欲しがるかどうかはご機嫌次第で
会社帰りの立ち飲み居酒屋くらいに。
img_8815

この時点で既に夜間断乳済みだったので、
夜の授乳はなしで朝まで寝てくれてたし
日中誰かに預けて出かける時も、まったく問題なし。

おっぱいは食事ではなく
ヤクルト
くらいになってたと思います。量的にも。

保育園の入園が決まり断乳を考える

4月入所の選考には落ちたけど、そのあと追加で5月からの入所が決まりました。

別に日中は授乳なしでイケてたので、保育園通うようになっても大丈夫だろうと思ってたんですが
(実際大丈夫でした)
どうせならすっぱり断乳した方が良いのかな?
と思い悩む。

そして調べる。

結果
「保育園の入園など環境の変化でストレスがかかる時期に断乳をするのは良くない」
とのことだったので、断乳は先延ばしになる。

でも保育園に通ってから更に
授乳回数は減って行きました。

あまり欲しがらなかったので、あげなかった。
これはこのまま卒乳か!?
と勢いづく。

太郎が風邪をひき断乳が遠ざかる

今考えると
ここがターニングポイントだったんじゃ・・と思っています。

保育園に通い出し
このまま卒乳するんじゃないかな~?るんるん
と思っていたら、太郎が風邪をひきました。

風邪をひいた太郎は、まったくご飯を食べなくなり・・
水やお茶をあげてもあまり飲まない・・

そしておっぱいのみを求め泣く。

卒乳しそうだったとは言え、別に断乳してた訳じゃないし。
風邪でご飯食べる元気もなく辛そうにしてる子どもがおっぱいをクレと泣いてるのにあげないなんて・・

そんな事できるかぁぁ!!!!!!!

って感じで。
img_8817
ていうか
風邪が治ればまた、おっぱい欲しがらなくなるだろう。

って思ってたんですよね。
だって断乳せずとも卒乳しそうだったんですもん。(良い訳)

繰り返す風邪で更に断乳が遠ざかる

風邪ひいたり、治ったりを短期間で3回くらい繰り返しました。(保育園入所パワー)
その間はずっとおっぱいを欲しがる太郎。

卒乳しかけてたおっぱいを再び吸う機会が増えたからなのかわかりませんが

やっぱりおっぱいって良いわぁ~

ってなっちゃったっぽい。

もう
NO OPPAI NO LIFE
って感じで

暇さえありゃあおっぱいを飲む男へと変貌を遂げました。

レッツ断乳!を決意したきっかけ

もう卒乳だな~
おっぱい吸ってる可愛い口元を脳裏に焼き付けておかなきゃなぁ~

そう思ってたのに、

座ればおっぱ

抱けばおっぱ

脱げばおっぱ

ていうかもう家にいる間はずっとおっぱを要求してくるようになりました。
img_8816
しかも粘着質。

おっぱを通り越してもう
ママへの執着が凄い・・。

ひとり遊びなんかも全くしなくなっちゃいました。
私から一切離れない。
疲弊。

そしておっぱ(私)がいないと
ものすごくご機嫌に遊んでいる・・・。


断乳しよう!!!!!!!

家にいる間は常におっぱを要求してくるようになり生活が困難になりました。
上の娘もいるしね。

そして外でなんてもう欲しがりもしなかった癖に
所構わずおっぱおっぱおっぱ言い出すようになっちゃっていました。

1歳半の断乳のやり方

卒乳の兆しとは一転、おっぱ中毒になってしまった1歳半の断乳は大変でした。
いろんなやり方を試してみましたよ。

おっぱいはもうバイバイだよ

断乳する前から
おっぱいはもうバイバイだからね~
って、話しかけると良いっていいますよね。

意味がわかってんのか、わかってないか定かではないけど
なんとなくわかってくれる事が多い、みたいな口コミが多かった。

1歳半太郎の場合
おっぱいはもうバイバイだからね~
img_8824
泣く。

太郎は言葉も早かったし、意味も完全に理解していたので
おっぱい バイバイ
を口にするとそれだけで泣きわめいて酷い事になりました。

違う!今じゃなくて!
1週間後のはなしっ!!!

と、めげずに語りかけましたが
泣いて泣いて収集がつかなくなるので

おっぱい バイバイ はしばらく禁句に。

おっぱいの存在を感じさせないようとにかく隠す

太郎の目の前で着替えたり
お風呂の時に堂々と裸で歩いたりするのを控えました。

抱っこした時におっぱいの存在が気にならないよう
とにかく重ね着。

これ結構効果的だった気がします。

1歳半くらいになると、勝手に服めくって吸っちゃうんですけど
おっぱにたどり着くまでの壁が多い。
めくってもめくっても布。

なかなかおっぱまでたどり着けず泣くものの
なんとかあやし、ごまかし、おっぱいはあげない。

断乳中は空腹にならないよう気を付ける

もともと大食いなので、お腹がすきすぎない様に
間食を増やしました。
ていうか1日4食くらいになってましたね。(でも標準体型ど真ん中)

おっぱと言ってきたら
あ!バナナ食べよ!
とか、なんとか他のもので満たしてもらうと。

断乳成功!とまでは行かないけど昼間の断乳はできてる

こんな感じです。
なんかパッとしなくてごめんなさい。
でもこれが真実です。ごめんなさい。

おっぱ依存
 ↓
断乳開始
 ↓
1週間くらいで依存期間は終わり
 ↓
2週間くらいで卒乳の兆しがあった頃くらいに戻る
 ↓
朝だけミッションインポッシブルしてくる(イマココ)

こんな感じです。

朝だけはやっぱりおっぱが気になるみたいです。

日中もたまに
おっぱぁ~
って言ってくる事がありますが

おっぱ!?!?!?!?

と大袈裟にびっくりすると、笑ってます。
私の仰天顔がおもしろいみたいで何回も言ってきますが、満足すると、そのまま特に飲みたがる素振りもみせないので

私の仰天顔を拝みたいのか
おちょくってんのか
ダメ元で言ってみてるのかは不明です。

泣いたりはしません。

何をもって断乳完了とするのか

断乳完了の定義ってなんなんでしょうか・・

おっぱいをあげてない

って事なら、もうあげてないので断乳完了になるんでしょうけど

子どもの頭がおっぱいの支配から解放されるまで

が断乳完了なんだとしたら、太郎はまだ断乳完了できていないよね、って感じです。

今でも1日1回はおっぱ
って言葉を発してる気がします。
そして私もおっぱという発言を聞いてソワソワしてる・・。

そんな時上の娘は
img_8822
めちゃめちゃ太郎を煽ります。笑

飲みはしないものの
頭の片隅からおっぱが消えない太郎の様子を見ていると、やっぱりせつないです。

断乳を決意するのが早かったのかな・・
でもあのままなんて無理だよな・・
という葛藤もなくなりません。

断乳まとめ

なんだかまとまりのない断乳レポートになってしまいましたが

意外とスッパリと行かないパターンもあるよ!
おっぱいの存在がなかなか消えない1歳半もいるよ!

という事で、お納めいただけたらなと思います。

自然に卒乳できるのが一番良いだろうし、そのつもりだったんですが
生活できないレベルまでおっぱいを欲しがるようになってしまった。

そして私がいない方が、太郎がご機嫌で過ごしている事に気づいてしまったのが断乳に踏み切った大きなきっかけでした。

ママがいるとおっぱになっちゃうけど
パパといると楽しくブロックで遊べると・・。

おっぱいばっかりでずーっとグズグズしてたし、
吸い始めるとやめさせないと永遠に吸い続ける。

そして辞めさせると泣くの無限ループ。

実際断乳してからは、太郎がご機嫌に過ごせる時間が元通り長くなりました。

せつなさはあるけど、断乳して良かったと思ってます。

img_8823

と心の底から叫べる日が早くやってきますように。
太郎の頭から早くおっぱがいなくなりますように。合掌。

sponsored link

down

コメントする




自己紹介

川北ベッソン

川北ベッソン

心理学オタクの川北ベッソンはいつもママの味方。 ガサツな神経質。 マイペースで頑固。 日々の家事育児をこなす偉大なママに、敬意を込めて合掌を。                     ☆★☆イイネ!と思える記事があればSNS等でシェアして頂けると、跳ねて喜びます☆★☆ Twitter/Facebookページも、フォローボタンから是非お気軽に(^ω^)



sponsored link