今日もママに合掌。

子どもの泣き声でイライラする私に【大丈夫って言って】娘が振り絞った言葉

time 2016/10/20

最終更新日:2016/11/15

子どもの泣き声でイライラする私に【大丈夫って言って】娘が振り絞った言葉

「ちょっと!せっかく機嫌よく遊んでるのにどうして泣かせるのっ!」

2歳差の弟がやっとひとり遊びを始めたので、夜ごはんを作ろうとキッチンに向かった途端、娘がオモチャを横取りして弟が泣き始めた。

(やっとご飯支度できると思ったのに!)

これが今日だけで3回目。
「さっきも同じ事言ったでしょう!弟の邪魔したらママなにもできないの!」

「だってお姉ちゃんが今使ってた~!」
「ちがう!使ってたのを取ったのっ!ごめんなさいして!」

今使ってた今使ってたばかりで、謝らない娘。
泣き声が大きくなっていくにつれて、私のイライラもどんどん増していく。
隣の弟も泣いたまま。

娘はもう、こっちの声も聞こえない様な大声で、目も開けられない程泣き出してしまった。

(ここまで泣いたらもう怒っても意味がない)
(1回落ち着かせてあげないと・・)

もうすぐ4歳の娘は小さいころから癇癪を起こす事の多い子だった。
大きくなるにつれて少なくなったけど、

泣き始めたらもう
何で怒られてるかもわからない様子で、自分の力で泣き止むのが苦手。

それでも今では、癇癪を起しそうな大泣きが始まったら
「大丈夫だから。大丈夫。」
そう言って背中を撫でてあげれば簡単に泣き止む様になった。

(大丈夫だからって言わなきゃ)
(背中を撫でて、大丈夫って。落ち着かせてあげなきゃ)

頭ではそうわかっているのに
「泣いてもだめ!ちゃんと泣き止んでごめんなさいしなさい!」
「1日に何回も同じ事で怒られてるんだよ!」

言葉が止まらない。
(だめだ、、大丈夫だからって言わなきゃ)

なんでこんなに難しいんだろう。
イライラするのをやめて、背中を撫でて、たった一言大丈夫って。

それだけの事ができない。
なんでできないのかわからない。
(大丈夫って言わないと・・)

「やっと機嫌よく遊んでたんだから邪魔しないのっ!」
言葉が止まらない。

すると、
何を言っても大声で泣き続けていただけの娘が
やっと一言絞り出した。
img_7726
私が自分のイライラを押し殺して言うよりも先に

まだ4歳にもならない娘が
泣きながら、やっと絞り出した。

ハッとして
涙が止まらなかった。

母親として未熟な私は、娘よりもよっぽど子どもで、心の弱い人間だ。

27歳の私でさえ、自分の感情を抑えて
たった一言。
「大丈夫だから」の一言が言えなかったのに

涙が止まらない娘に
「泣き止んで謝りなさい!」
なんて

そんな事できるわけない。
自分もできない事を娘にやりなさいなんて、言って良い訳がない。

「そうだね。大丈夫だから。大丈夫だからね。ごめんね。」

子どもを育てるんじゃない。
育たなきゃいけないのは私の方だ。

娘がもっともっと大きくなって、私の前で泣く事がなくなるまで。
私が自分の感情を抑えられる様にならなきゃ。
見本を見せられる様にならなきゃいけない。
img_7729

娘の苦手な事は、私の苦手な事だった。

合わせて読みたい

sponsored link

down

コメントする




自己紹介

川北ベッソン

川北ベッソン

心理学オタクの川北ベッソンはいつもママの味方。 ガサツな神経質。 マイペースで頑固。 日々の家事育児をこなす偉大なママに、敬意を込めて合掌を。                     ☆★☆イイネ!と思える記事があればSNS等でシェアして頂けると、跳ねて喜びます☆★☆ Twitter/Facebookページも、フォローボタンから是非お気軽に(^ω^)



sponsored link