今日もママに合掌。

初めての出産も義母のおせっかいで修羅場!完全母乳育児を妨害【嫁姑バトル】

time 2016/07/16

最終更新日:2016/11/08

初めての出産も義母のおせっかいで修羅場!完全母乳育児を妨害【嫁姑バトル】

マンションのワンフロアというゴチャゴチャした環境で、2歳差育児に奮闘中の川北ベッソンですこんにちは。
産後のママにとって姑という存在は、もちろんありがたい事もあるんですが
おせっかいが過ぎると多大なるストレスの原因になりますよね。

我が家では母乳育児をするにあたって、姑のおせっかいが邪魔くさくて仕方ない事がありました。

第一子たまちゃんの母乳育児

第一子の妊娠時には
妊娠中にマッサージを行う事や授乳中に乳首の保湿をすることを甘く考えていました
そして第二子を産んでわかった事ですが、たまちゃん♀は母乳を飲むのがあまり上手ではありませんでした。

私も初めての経験で不慣れだった事。
たまちゃん♀も吸うのが下手くそだった事。

私は2時間おきに訪れる授乳の激痛が、出産よりも辛かった記憶が残っています。

乳首も切れていたので、授乳の度に顔を血だらけにするたまちゃん♀。
お腹がすいたと泣くたびに、私も一緒に泣きながら授乳を続けていました。

夜中に搾乳をする事も続けていました。
ですが母乳量は思うように増えてくれず、ためしに夜だけミルクを足すようになりました。

すると
今まで昼も夜もグズグズ泣いていたたまちゃん♀が、機嫌良く過ごせる時間がとっても長くなったんです。

きっとお腹がすいて泣いていたんですね・・。
とても可哀そうな事をしたと後悔しました。

母乳で育てたいというこだわりは捨て、4カ月からはミルクのみに切り替えました。

第二子たろちゃん♂の母乳育児

第二子を妊娠した時
今度こそ完全母乳で育ててあげたい!
という気持ちが強くありました。

また母乳がでなければ切り替えればいいし、できる事はすべてやろうと。

妊娠中のマッサージ
傷ができる前から授乳後には必ず保湿
たろちゃん♂が母乳を飲み終わったら残っている母乳は絞って捨てる
食事や飲み物に気をつけ体を冷やさない

母乳育児をする為に良いとされているものはいろいろ試しました。
そのお陰か、
たろちゃん♂は完全母乳で育てる事ができました。

恐るべき姑のおせっかい

私は第二子の妊娠がわかった時に、義両親との同居を開始しました。
頑張って勉強して、やっと手に入れる事ができた母乳育児。
ですが意外なところから邪魔が入り、驚愕した体験談があります。

お義母さんは
完全母乳よりも栄養のバランスが良いミルクも混合で与えた方が良い。
という考えでした。

直接言われる事もありましたが、私も食事に気を付けていましたし軌道に乗るまでは母乳しか与えるつもりはない。
そうはっきりと伝えていたのですが、
姑のおせっかいはそれだけでは止まらない時もあります

朝目が覚めて隣をみると、
なぜかたろちゃん♂がいない!

お義母さんが勝手に寝室に入り、たろちゃん♂を連れて行ってしまっていたのです。

完全母乳の子に勝手にミルクを与える姑

勝手に寝室に入るのもどうなんだ・・と思いましたが
夜明け前にトイレに行った物音でたろちゃん♂が泣いて、起こしてしまって悪かったと思い連れて行った。
との事でした。

そして更に
お腹すいたかな~と思って、ミルクあげてみたよ!たくさん飲んだ。
そう言われてびっくり・・
驚愕しました。

びっくりし過ぎてその時は何も言えませんでしたが、時間がたつにつれてふつふつと怒りがこみ上げて、その後姑と大喧嘩になりました。笑

喧嘩が収集する事無くもめている所に旦那が帰宅し、お義母さんを一蹴してくれたので助かりましたが・・。

合わせて読みたい

母親が望む子育ては人それぞれですが、
失敗も成功も、ママの努力の証
だと思います。

子育てに正解はありませんので、姑の価値観を押し付けられる事無く、自分の望む子育てをしたいものですね。

同居の方は、家庭内での連れ去りに要注意ですよ。合掌。

down

コメントする




自己紹介

川北ベッソン

川北ベッソン

心理学オタクの川北ベッソンはいつもママの味方。 ガサツな神経質。 マイペースで頑固。 日々の家事育児をこなす偉大なママに、敬意を込めて合掌を。                     ☆★☆イイネ!と思える記事があればSNS等でシェアして頂けると、跳ねて喜びます☆★☆ Twitter/Facebookページも、フォローボタンから是非お気軽に(^ω^)